試験データ (コンクリート塗装材の性能試験[JHS-417])|株式会社 鎌倉技研

MENU

コンクリート塗装材の性能試験(JHS-417)

要求
性能

照査項目

基準値

試験結果

耐久性

塗膜の
健全性

標準養生後 塗膜は均一で流れ・むら・ふくれ・割れ・はがれのないこと 異常なし
促進耐候性試験後 白亜化はなく、塗膜にふくれ・割れ・はがれのないこと 異常なし
温冷繰り返し試験後 塗膜にふくれ・割れ・はがれのないこと 異常なし
耐アルカリ性試験後 塗膜にふくれ・割れ・はがれのないこと 異常なし
耐アルカリ性試験後 7日間で塗膜にふくれ・割れ・はがれのないこと 異常なし

コンク
リートとの
付着性

標準試験後 塗膜とコンクリートの付着強度が 1.0N/mu 以上であること 1.76N / cu・日
温冷繰り返し試験後 1.25N / cu・日
しゃ塩性 しゃ塩性 塗膜の塩素イオン透過度が5.0×10のマイナス3乗 mg / cu・日以下 0.34×10の 3乗 mg / cu・日
水蒸気遮断性 水蒸気遮断性 塗膜の水蒸気透過度が 5.0 mg / cu・日以下であること 0.7 mg / cu・日
中性化阻止性 中性化阻止性 中性化深さ1mm以下であること 0.0 mm
柔軟性

ひび割れ
追従性

標準養生後(常温時) 塗膜の伸びが 0.4mm 以上であること 0.8 mm
促進耐候性試験後 塗膜の伸びが 0.4mm 以上であること 0.5 mm

関連ページ

空気汚染環境試験
株式会社 鎌倉技研の製品R・TCOAT(RTコート)に関する試験データ(空気汚染環境試験)のページです。 鎌倉技研は、無機系コンクリート塗料である、R・TCOAT(アールティコート/RTコート)の開発・製造元です。